RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
きゅうり栄養

きゅうり栄養

きゅうりの栄養としてはカリウムが多いです。

カリウムは、血圧昇を抑えると共に、利尿作用もありますので、
高血圧予防に役立つ栄養素です。

また、きゅうりは夏の暑さに負けず育った野菜ですので、身体の熱を下げ、
暑さからの食欲不振も改善することができます。

きゅうりは水分が多く含まれているので、利尿効果に関してはすごくいいです。
たくさんの汗をかくと、汗と共にカリウムが一緒に排出されると夏バテになる
可能性もあるので、暑い夏場はきゅうりを積極的に取るといいでしょう。

ただ、きゅうりにはビタミンCを破壊する酵素が含まれているので、注意が必要です。
酢を加えるか、50度以上の熱を加えるかして調理してください。

きゅうりの旬の季節は初夏から初秋です。、
ハリがあって、濃い緑色で、イボが尖っているのが新鮮なきゅうりです。

太さが一定でないのは栄養不足等の原因が多いそうなので、味はイマイチかもしれません。

●きゅうりの主な栄養価(100g中)

エネルギー  14kcal
タンパク質  1.0g
脂質     0.1g
炭水化物   3.0g
ナトリウム  1g
カリウム   200mg
マグネシウム 15mg
カルシウム  26mg
鉄      0.3mg
ビタミンA  28μgRE
ビタミンB1  0.03mg
ビタミンB2  0.03mg
ビタミンC  14mg
ビタミンD  0.0μg
ビタミンE  0.3mg
食物繊維   1.1g

 

author:akazuyo01, category:きゅうり栄養, 11:49
comments(32), trackbacks(0), pookmark
さつまいも栄養

 
さつまいも栄養

さつまいもの栄養としては、ビタミン、ミネラル、食物繊維が多く
含まれています。

甘味があるので高カロリーで太りやすいので食べない人もいるかも
しれませんが健康的な食品ですので安心して食べるといいですよ。

さつまいもの栄養として特に優れているものは食物繊維とビタミンCです。

さつまいもの栄養の食物繊維はいも類の中でも一番多いほうです。
食物繊維には、便通を促すセルロースややわらかい便にしてくれるヤラピンと
いう成分が含まれているので、便通がよくなった人も多いと思います。

このように便秘解消以外にも、動脈硬化の予防や、糖の吸収をゆっくりさせる
ことができるなど、生活習慣病対策には役立ちます。

さらに、さつまいもはリンゴの10倍以上のビタミンC含んでいます。
このさつまいもの栄養のビタミンCは、抵抗力をアップしたり、美肌効果もあり、
活性酵素を除去するので、ガンの予防にも活躍します。

しかし、ビタミンCは水分に溶ける特徴があるので、皮の付いたまま焼き芋として
食べるとさつまいもの栄養であるビタミンCと食物繊維を壊さないで取ることが
できますよ。


●さつまいもの主な栄養価(100g中)

エネルギー  132kcal
タンパク質  1.2g
脂質     0.2g
炭水化物   31.5g
ナトリウム  4g
カリウム   470mg
マグネシウム 25mg
カルシウム  40mg
鉄      0.7mg
ビタミンA  2μgRE
ビタミンB1  0.11mg
ビタミンB2  0.03mg
ビタミンC  29mg
ビタミンD  0.0μg
ビタミンE  1.6mg
食物繊維   2.3g

 

 

 

author:akazuyo01, category:さつまいも栄養, 11:48
comments(0), trackbacks(0), pookmark
かぼちゃ栄養

かぼちゃ栄養

かぼちゃは大きく3種類に分けられます。

日本かぼちゃ、西洋かぼちゃ、ペポかぼちゃです。

普段スーパーなどでよく見かけるかぼちゃは西洋かぼちゃなんですよ。

かぼちゃの栄養としてはビタミンAの元になるβカロチンをたくさん
含んでいるので、ビタミンAを摂取するための重要な食材なんです。

βカロチンは、免疫力を高めてくれるのでガンになりにくい身体になりますし、
肌や粘膜が丈夫になり、目の疲れもとってくれます。
冬にかぼちゃを食べる習慣があるのは、かぼちゃの栄養であるビタミンAが
免疫力向上してくれるということを経験から学んでいたのでしょう。

かぼちゃの栄養には他にも、ビタミンC、E、食物繊維などもあります。
その中でもビタミンEの含有量は野菜でトップクラスみたいです。

かぼちゃは冬に食べる感じがしますが、実は旬は夏から初秋なんですよ。
かぼちゃの選び方としては、ずっしりと重く、濃い緑色のものを選ぶと
いいと思います。

かぼちゃの栄養であるビタミンAやEの吸収をよくするためには、
油脂を含む食品と一緒に食べるようにするといいですよ。


●かぼちゃの主な栄養価(100g中)

エネルギー  91kcal
タンパク質  1.9g
脂質     0.3g
炭水化物   20.5g
ナトリウム  1g
カリウム   450mg
マグネシウム 25mg
カルシウム  15mg
鉄      0.5mg
ビタミンA  330μgRE
ビタミンB1  0.07mg
ビタミンB2  0.09mg
ビタミンC  43mg
ビタミンD  0.0μg
ビタミンE  5.1mg
食物繊維   3.5g

 

 

author:akazuyo01, category:かぼちゃ栄養, 11:46
comments(0), trackbacks(0), pookmark